脱毛比較ランキングTOP > 

日焼けと脱毛

日焼けをしてても脱毛はできる?

太陽の紫外線を大量に浴びることによって日焼けは起こります。

日焼け止めをしっかり塗ったつもりでも、塗る量が少ない、汗などで落ちてしまった、塗りなおさない、長時間太陽に肌をさらしてしまった、など普通の生活をしていても日焼けは免れないことがあります。

リゾート地に行って日焼けして、発熱が起きたり水ぶくれになってしまったりするとかなり危険な状態で、場合によってはすぐに病院に行かなくてはなりません。

このように日焼けをしてしまうと肌への負担は重くかかります。

脱毛をすることは自然な行為ではなく、毛を抜くことで最低限の肌へのダメージはあります。抜く時に傷みがあることがその証拠です。

ただでさえ日焼けをしている肌にさらに脱毛をすることは勧められません。

また、脱毛エステのレーザー脱毛や家庭用の脱毛器で多く利用されているのが、機械がメラニン色素に反応することで、黒いムダ毛を察知して抜くなどの処理してくれるという方法です。

ですから、日焼けをして肌の色が黒っぽくなってしまうと機械がうまく作動しないことや肌にも反応をしてしまって火傷をしてしまうこともあります。

肌の色が明らかに変わってしまうほどの日焼けをした時は特に、1か月ほど期間をあけて肌の色が落ち着くまで脱毛を行うのはやめましょう。

日焼けをしてしまったら

日焼けをしてしまったものは仕方がないので、少しでも早く日焼けを落ち着かせるようにすることが大切です。

特に日焼けをした直後の肌は乾燥をしている上に、ダメージを受けやすい状態になっています。日焼けをしてしまったと感じたら、化粧水や乳液、保湿クリームなどを塗ってしっかりと保湿ケアを行いましょう。

もし肌が赤くなってしまうほどの日焼けをしてしまったら、すぐに冷たいタオルなどで冷やして、ほてりを抑えてから保湿ケアを行ってください。

日焼けしてしまった肌の色を戻すには、メラニン色素を薄くしてくれる効果のあるビタミンC配合の化粧水を使用する、美白効果のある美容液を使用する、肌のターンオーバーを促進するように肌のスクラブを行う、などが効果的です。

肌のターンオーバーの周期はは約28日と言われています。つまり、正常にターンオーバーが行われれば、日焼けが落ち着くまで最低でも約1ヶ月ほどかかってしまうということになります。 脱毛は毛の生える周期に合わせて定期的に行うことが望まれます。

日焼けによって脱毛のタイミングがずれてしまうと計画通りに脱毛が進まずに、エステサロンのコースによっては完全に脱毛が完了する前にコースの有効期限が切れてしまうこともあります。

そのようなことがないよう、あらかじめ日焼け止めをきちんと塗ってなるべく日焼けをしないように心がけましょう。

限定のキャンペーン情報や当サイト人気のコンテンツを紹介

脱毛ランキング

脱毛比較

部位別脱毛

脱毛体験レポート

全国脱毛サロン比較

脱毛コンテンツ