脱毛比較ランキングTOP > 

家庭用脱毛機器の危険性

家庭用脱毛の危険性

自宅で永久脱毛に近い脱毛ができる家庭用脱毛機器。

家庭用の器具ですから、医療機関で永久脱毛をしたようにはいきませんが、脱毛するのに費用はあまりかけず、自宅で脱毛できるというのはかなりのメリットですよね。

しかし専門家の中には、この家庭用脱毛機器の危険視している人もけっこういるようです。

家庭用とはいえ、家庭用脱毛機器もフラッシュレーザーを使って脱毛をします。

品質に問題がなかったとしても、使い方を誤ったり使用してはいけない部位に利用してしまったりなどで怪我をしてしまうなんてことも・・・。

家庭用脱毛器の多くは、フラッシュがムダ毛以外には反応しないような安全設計になっていたり、肌への負担を最小限に抑えて火傷が起こらないような構造になっていたりと、安全のための工夫がなされています。

ですが、肌に合わないなど想定外のトラブルが起きないとは言い切れません。

万が一、家庭用脱毛機器で脱毛している時に肌トラブルが起きてしまっても、すぐに適切な処置をすることができない可能性があります。

ですから、使用する時は安全な方法で使用する必要があります。また、万が一トラブルが起きた場合は、大丈夫だと思って放っておかずにお医者さんに相談するようにしましょう。

家庭用脱毛の安全な使い方

家庭用脱毛器でトラブルが起きないようにするのは、品質に問題がある場合を除いてほとんどの場合は自己責任になります。

必ず説明書を読んで、安全な使用方法を確認してから使用する必要があります。

脱毛器には、使用していい部位とそうでない部位とがあります。たとえば、顔に使用したい場合、頬やひげ部分は使用可能でも鼻から上や目から上には使用してはいけない場合があります。また、Vラインに使用したい場合、ビキニラインは使用したくてもIラインOラインには使用できないことがあります。

使用者の中には、説明書での禁止部位記載を無視して脱毛を行ってしまう人がいます。周りの人が大丈夫だったから、というのをアテにはせず必ず説明書に従うようにしましょう。

また、日焼けをしてしまった時の使用にも気をつけなくてはいけません。

多くのフラッシュ式の脱毛器は、ムダ毛の黒色を作っているメラニンに反応して脱毛を行っています。ひどく日焼けをしている場合、日焼け部分のメラニンにも反応して火傷をしてしまうこともあります。

そのような危険性がある場合も、きちんと説明書に記載があります。

多少の日焼けでも心配な場合は使用を控えるなどの配慮をしましょう。

安全に使用して、ムダ毛のないツルツルの肌を目指しましょうね。

限定のキャンペーン情報や当サイト人気のコンテンツを紹介

脱毛ランキング

脱毛比較

部位別脱毛

脱毛体験レポート

全国脱毛サロン比較

脱毛コンテンツ