脱毛比較ランキングTOP > 

薬を飲んだ時の脱毛

薬を飲んだ後でも脱毛できる?

風邪をひいた時に抗生剤や解熱剤を飲みますよね。そのあとに脱毛を行ってもいいのでしょうか?

エステサロンなどで多く扱っているフラッシュ脱毛を利用する場合、風邪薬を飲んでしまうと施術を断られてしまうことがあります。

フラッシュ脱毛というのは、ムダ毛の生えている部分に熱を与えることで毛母細胞を破壊してムダ毛が生えてこないようにするという方法で脱毛を行います。

このとき、普通の状態なら肌への刺激を最小限に抑えることができます。しかし、抗生剤などが含まれている風邪薬を飲んでいると肌が敏感になり、熱に過剰に反応してしまう可能性があるのです。

ですから、多くのエステサロンでは風邪薬を飲んでいるかどうかを確認し、飲んでいる場合は施術を断っています。

薬を飲んでしまっても脱毛したい!

でも、予約をしたのに風邪をひいてしまった!もったいないから行ってしまいたい!という方もいらっしゃいますよね。エステサロンによっては、次の予約を取るのが困難なところもあるでしょう。

エステサロンは医療機関ではないので、何か起きてしまった時に医療的な対処をすることができません。ですから、薬などのことに関してはとても慎重になっています。

風邪薬に関しても、飲んだ後に火傷をする可能性がゼロとは言い切れないために、施術を断っています。ですから、風邪薬が必ず火傷を引き起こすというわけではないのです。

風邪をひいてしまったけど脱毛をしたいという方はまずはお医者さんにかかり、処方してもらった薬や市販の薬を飲んでも脱毛を行ってもいいかどうかを確認しましょう。

OKが出たら、エステサロンで断られてもお医者さんの確認がとれたことを伝えれば施術をしてもらえる場合があります。

ですが、風邪をひいた状態というのは、体の免疫力が低下していて普段の状態では何事もないことに対しても過敏に反応してしまうことがあります。脱毛時の痛みに耐えられないことや頭痛など風邪の症状が悪化してしまう可能性もあります。また、咳などをしていると他のお客さんやエステティシャンにも迷惑がかかってしまいます。

風邪をひいてしまった時は無理をせず、脱毛の予約をキャンセルして次回の時までにきちんと治しておくことが大切です。

風邪薬だけでなく、鎮痛剤やサプリメントも成分によっては脱毛時に影響が出てしまう可能性があるものがあります。

なにか服用している薬がある場合は、かかりつけのお医者さんに相談してから脱毛の施術を受けるようにしましょう。

限定のキャンペーン情報や当サイト人気のコンテンツを紹介

脱毛ランキング

脱毛比較

部位別脱毛

脱毛体験レポート

全国脱毛サロン比較

脱毛コンテンツ