脱毛比較ランキングTOP > 

ムダ毛処理の種類 その1

ムダ毛を剃る

ムダ毛の処理方法でいちばん一般的なのが『剃る』方法です。

カミソリの種類やメーカーはたくさんありますが、多くの場合薬局で手軽な価格で手に入ります。また、お風呂に入る時に痛みを感じることなく処理できることもメリットの一つですね。

注意しなくてはいけないのが、カミソリを清潔に保つことと肌を傷つけないようにすることです。カミソリが清潔でないと、肌についた目に見えないほどの細かい傷にバイ菌が入ってしまう可能性があります。

ムダ毛を剃ることのデメリットは、一度ムダ毛を剃っても早い人は次の日にはもう毛が伸びてしまうことです。しかも、剃った時に毛の断面が肌表面から近い状態になるので、ムダ毛が濃くなったように見えてしまい目立ってしまう可能性があるのです。

ただ、すぐに生えてくるからと言って、毎日のようにカミソリでムダ毛を剃るのは危険です。肌には影響が全くないと思いがちですが、カミソリが肌に当たると多かれ少なかれ肌に傷がついてしまいますし、乾燥しがちになってしまいます。
また、水や石けんを使用しないでからぞりをすることは最も避けなければいけません。

手軽だからこそ油断しがちな方法なので、きちんと正しい方法で処理するように心がけましょう。

ムダ毛を抜く

剃る方法の次に一般的なのがムダ毛を『抜く』方法です。

抜く方法としては、脱毛器を使って自分で抜くのと脱毛エステに通ってプロのエステティシャンに抜いてもらうのとがあります。

脱毛器にも様々な種類があり、電気屋さんでも購入することができる回転式の脱毛器や、インターネットの通信販売で購入できるフラッシュ式の脱毛器など、自宅で自分の好きな時に使用できるのがメリットとして挙げられます。

ただ、家庭用脱毛器で脱毛を行う場合は、使用方法や脱毛を行うタイミングが全て自分の責任になるので、使用方法を誤ってしまったり脱毛のちょうどいいタイミングがわからなくなってしまったりすることもあります。
また、家庭用脱毛器ではIラインなど使用できない部位があることがあるので、注意が必要です。

その点では、脱毛エステに通う場合は全てプロのエステティシャンに任せることができるので安心して脱毛を行うことができ、さらにほぼ全身の脱毛が可能です。

脱毛エステのデメリットは、キャンペーンを利用できない部位の脱毛を行いたい場合に費用が高額になってしまうことがあるということです。
ただ、全身脱毛となると自己処理には限界がありますよね。どうしても正しいケアができなかったり面倒になって怠ってしまったりする可能性があって危険でもあります。ハイジニーナ脱毛や顔脱毛など、肌にダメージを与えてしまう可能性のあるパーツの脱毛を行う場合はプロのエステティシャンに処理をしてもらった方が仕上がりも美しく安心ですよ。

永久脱毛は、クリニックで行うニードル脱毛が最適なので永久にムダ毛が生えないようにしたい方は、脱毛クリニックに相談してみるようにしましょう。

限定のキャンペーン情報や当サイト人気のコンテンツを紹介

脱毛ランキング

脱毛比較

部位別脱毛

脱毛体験レポート

全国脱毛サロン比較

脱毛コンテンツ